Mono Ludens

モノ・ルーデンス

★サイクリングしまなみ2016 参加証明?

calendar

スポンサーリンク

というか「本当に高速道路を走っちゃったもんね」証明。(初出:2016/10/31)

これはスタートの写真です。
場所わかりますよね? 今治ICのゲートです。
「あ、ETCカード入れ忘れた」
などという定番? のギャグを耳にしつつのスタート。
因みに日本人参加者の多いホノルル・センチュリー・ライドは、セブン・イレブンで「nanakoカード使えますか?」と言うのが定番のギャグだそうです。(・∀・)

さて、自転車イベントは数あれど、高速道路のインターチェンジがスタート地点というのは、世界でもこのイベントだけじゃね? という感じ。
「おお、高速道路だー」
「さあ、走るぞー」
ってな感じで、私も含めて参加者の皆さんは気分が上がっているに違いありません。
前回は高速に入って、橋の登りでいきなり足が攣って「スタート即リタイヤか?」とガッカリしたのですが、今回は問題無し。のんびりサイクリングの始まりでございました。
いや、私はそのつもりでした。(・∀・)

が。
この後本線に入ってから先行させた同居人のペースがどんどん上がる上がる。
もうね、私がついていくのがやっとのペースでございましたよ。
特に登り坂! 個人的に「こんな速度で登った事ないんですけどどどど!」というようなハイペースでガンガン走って行くのを見て、私は自分が「やってはならない事をやってしまった」事を自覚しました。
「いやあ、バイクが軽い軽い」
「坂道が軽やかで楽ちん」
「ホイールを換えるってこういう事かっていうのがすごくよくわかった」
そうです。
どうやら400g以上軽いホイールに換えた効果がここに来て炸裂したようです。
というか、私のポカでスプロケット取り付けに不具合があって、ちゃんと走れていなかった事が判明し、それを調整したのが前日。
この日が完調の新ホイールデビューだったのです。
完調じゃない時点でもけっこうペースが上がっていたのですが、どうやらエクスカリバーの封印が解かれ、真の力が発現した、みたいな?
(あくまでも貧脚視点です。一般的にはそれでもスローペースなはず)

因みに気温を考えてフルカバーのグラブをしたのですが、右の人差し指の先っちょが露出しているのがおわかりいただけるかと思います。
これはいわゆるスマホ対応グラブではないため、スマートフォンを使う際に便利なようにグラブの指先を破いて使いやすいように改造した為です。
ええ、ウソです。
解(ほつ)れてたんです。(>_<)
わかってたんですが、うっかり直さないままもってきてしまい、出発当日、というか直前にグラブを填めて「あああああ、そうだったああああ」
みたいな?
こういうガッカリ感「あるある」的に皆様にもおわかりいただけるのではないでしょうか。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す