Mono Ludens

モノ・ルーデンス

★iMac バイヤーズガイドぉ~!

calendar

スポンサーリンク

ウソです。(初出:2015/03/04)

そんな大それたものではございません。
実は今年に入って、二台目のiMac 5KがAppleから昨日着荷しました。
不具合による交換品でも買い増しでもなく、これは同居人のリプレイス。
同居人が今まで使っていたのは2008年のiMac(early 2008 24インチ)。
因みにiMac 2008の前に使っていたのはPowerMac G4 CubeとStudioDisplay。
美しいMacからいかにも俗っぽいiMacに変わった時はかなりガッカリしておりましたっけ。
まあ、確かにG4 Cubeは浮き世離れしたPCでした。
この時のリプレイス理由は、八年間付き合ってきたけど、時代がG4 Cubeを受け入れなくなったからでした。
そんな「俗っぽい」iMacに7年付き合って来たのですが今回は「調子に乗ってOSやアプリケーションソフトをアップデートし続けていたら、4GBのメモリではあっぷあっぷ状態になった」からです。
OSのみでメモリ一杯で、何をやるにもスワップが頻発してまたされ続けている状況が長く続いていたのですが、とうとう決断した、というわけで。
Mac自体(ハードウェア)には全く問題が無いのに買い替えるというのが同居人的には「負けた気がする」そうで、それが長くMacを使い続けているモチベーションになっていたようですが、「戦略的リプレイス」は負けではないという事を自らに言い聞かせ、上限メモリ4GBという前時代的なMacから上限32GBというコンテンポラリなMacに乗り換えたというわけです。

機種選び自体は私と問診して、というか悶死するまでもなく必要な条件はわかっていたのであまり迷いはありませんでした。
Displayサイズは24インチからのリプレイスなので27インチで決まりだったのですが、一番迷ったのは、5Kにするか普通のiMacにするか、です。
同居人のMacの使用目的は次の通り。

1)ビジネス系ソフトウェア(要するにMSのオフィススウィート)
2)webチェック
3)メール
4)写真系(私に比べるとライトユーザー)

なので性能的には通常の27インチiMacで充分なのですが、

◆SSDは必要ないが、OSやアプリの起動を速くするだけで体感的な快適性は欲しい
◆私は外部ストレージとクラウドにデータを置く事を好むが、同居人はクラウド嫌いで基本的にローカルに全てのファイルを置いておきたい派なので、HDDの大容量が欲しい。

という事で、標準のHDDではなく、1TBのFusionDriveにCTOする必要があると感じました。
後は、標準の8GBで画像アプリを扱うには多少心許ないのでメモリは16GBに。
で、いったんwebのApple StoreでCTOを試みると、意外に高い。というか私が勝手に「普通のMacはお買い得価格」だと決めつけていただけなんですが。
だったら、と5K iMacを見ると、こちらは吊しの状態で1TBのFusionDriveがついてます。これだとメモリを16GBにするだけでOK。

加えて同居人は旅行やイベントで撮った写真でフォトブックを作って配ったりするのが好きなので、ライトとはいえ写真系に有利な高解像度5KDisplayはないよりあった方がいいと考え、価格差と違いを伝えて最終判断を仰いだ結果、5Kと相成りました。
というか私が既に運用している5Kの写真の高精細さを知っていたので「その価格差なら通常版を選ぶという選択肢はない」ということでさっくり決定し、そのままApple Storeでポチり、翌日には到着したものです(正確には3月1日の夜中、日付がかわる前にポチったので、翌々日と言うべき)
偶然ですがひな祭り、つまり桃の節句にやってきたので「ももっち」というあだ名が付きました。ええ、命名は私ですが。(・∀・)

我が家は二人とも長くMacユーザーですが、同じ機種を使うのは初めてです。
と言うのも私はハイエンド系を必要としていたのに対して同居人はミドルレンジで充分という目的の差があったからですが、ここに来てハードウェア自体の性能がもう私程度の作業であればミドルレンジでお釣りが来るレベルに達してしまったことで、こういう自体になりました。

とは言え、

メモリ 32GB:16GB
ストレージ 256GB SSD:1TB FusionDrive

という差はありますが。

個人的には初めて体験するFusionDriveの体感速度に興味があったのですが、セットアップとOSのVersionUpなどによる何度かの再起動を見る限り、FusionDriveとSSDとの差は全くありませんね。
これなら普通の人はムリして容量の大きなSSDをチョイスしなくても素直に1TBや3TBのFusionDriveで充分だと思います。
数百GBとか数十GBもある動画など異様にでっかいファイルの編集に特化しているような用途でもなければマジで違いはわからないんじゃないでしょうか。

Displayは相変わらず「うっひょー」な精細さ(とはいえ実はすぐ慣れてしまうんですが)ですし、iMacを買おうと思っている人で、27インチを選ぶ場合はちょっとだけ奮発して5KDisplayモデルにする事を強くオススメします。
いや、勧めますけど責任はいっさい取らないわけですが。(・∀・)

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す