Mono Ludens

モノ・ルーデンス

★SONY BDP-SX1 ショートレビュー

calendar

(初出:2012/07/27)

海外旅行をダシにして、気になるガジェットをゲットだぜー のコーナー(ΦωΦ)

北欧オーロラツアー。
今回は船旅なので、ずっと船の中で暮らすわけです。
もちろんしょっちゅう港に寄りますので、その気になれば下船して観光、というのもアリなのですが、それでもたいした時間がとれるわけでもなく、基本的には丸々一週間は船内で過ごす事になります。

で。
そうなると問題はオーロラの撮影機材などではなくて、「暇つぶし」なわけです。
「ひつまぶし」ではございませんぞ。(・∀・)
そこで私が考えたのが、
「そうだ。その機会に溜まりまくったブルーレイビデオを消化しよう」
というもの。
「けいおん! 劇場版」とか。
「指輪物語全巻」とか。
「Working!!」とか。
「Star Wars Complete Saga」とか
「となりのトトロ」とか
「サマーウォーズ」とか
TV録画の未視聴ものとか
要するにいくらでもありそうです。

しかし。
今さらブルーレイドライブ内蔵のVAIOを持ち出す気にもなれず。
とは言え、今さら新しいブルーレイドライブ内蔵のWindowsマシンを買う気はさらさらなく。
かと言ってrMBPにはドライブ自体がない。

という、つまりは
「仕方なく」
「必要に迫られ」
「当然の帰結として」
ポータブルブルーレイプレイヤーの導入を思いついたわけです。(・∀・)

これ

分厚いネットブックと思えば、持って行けない大きさでもないような。
どうかしらね。

在庫があったので昨夜さっそくゲットして帰宅。
というか、箱がでかすぎですよ、SONYさん。
空気がたくさん入ってましたよ?

ということで、このポータブルBDプレイヤーの特徴を簡単に纏めると……

1)フットプリントは在りし日のネットブック+アルファ程度
2)厚みはその1.5倍程度
3)重さはだいたい同じくらい

です。
簡単に言うと初代ネットブックのDisplayを流用して、ボディ側にBDプレイヤーをぶち込んだもの、です。
大きさ以外の特徴は

4)ご覧の通り、Tabletに変身するノートPCみたい。(以前使っていたLenovoのX220Tabletとか、そんな感じ。大きさ・厚みも)
5)ノートPCっぽく、バッテリ駆動する
6)写真のようにCDもイケる。DVDやBDはもちろん、USB端子にUSBメモリをぶち込むと、中身のメディアを再生できる。(もちろん再生できる物のみ。MP3とかAVCHDとか)
7)操作系ボタン類はタッチパネルで、操作性はすこぶる良い
8)でも、リモコンで使った方がらくちん
9)外部出力用のHDMIポートがあるので、大画面液晶テレビに繋いで見る事も可能。つまり、旅行先にテレビがあればそちらで見られるということですね
10)ノングレアの画面
11)画質は……録画したBSの番組をいくつかチェック下のですが、かなりいいと思いました。というか、私はこれ以上のものは望みません。充分です。(解像度はフルハイビジョンではなく、1024*600ですが、充分です。
12)音もいいです。あまりボリューム上げなくても結構臨場感のある音でしっかり聞こえますのでポータブルとしては良く調整されているのではないでしょうか
13)ヘッドフォン出力端子が二つあるので、飛行機などでも二人で楽しめます。
14)DLNAクライアント機能はないのに、なぜかLANポートがありました。(・∀・) グレースノート用??? と思ったけど対応してないみたいで、システムアップデート用みたいです。
15)インタフェイスはおなじみ? のXMB。とても使いやすいです。

という事で、かなり気に入ったので、持っていくことにしました。(・∀・)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す