Mono Ludens

モノ・ルーデンス

☆【サイクリングしまなみ2018】本日20時よりプレミアムエントリー開始

calendar

スポンサーリンク

日本で唯一の「高速道路の本線を自転車で走れるライドイベント」として有名なサイクリングしまなみは隔年開催。

そして今年がその開催年です。
公式サイトはここ

去年のプレ大会でも応募者殺到で抽選もれ多発だったくらいの人気イベントですが、今夜から始まるプレミアムエントリーは「先着順」です。
優先出走権をカネで買うというプレミアムエントリーのエントリーフィーですが、例えば最長となる140kmのCコース(COMPLETE SHIMANAMI 140)の場合、34,000円。
私がチョイスするであろう110kmのEコース(IKUCHIJIMA 110)の場合は31,000円。
通常だとそれぞれ14,000円、11,000円ですから「プレミアム」部分はちょうど20,000円って事ですね。
※なお、JTBスポーツステーションで申し込まねばならないため、エントリーフィーとは別に、全てに於いてJTBへの手数料が650円/人、上乗せされます
余談ですが、サイクリングしまなみの参加者は確か7,000人の予定なので、650円×7,000で、既存システムを転用するだけのイージーなオペレーションで、JTBは455万円も儲ける算段ですな。笑いがとまりませんなあ(注:もちろんここでは他でモロモロ引かれた実質利益は不明なので言及しておりません)

で、その20,000円の内訳は次の通り
なお、末尾の数字は私が勝手に想像した売価(原価ではない)です。明後日の方角(金額)の可能性がありますので信じないように。(´д`)

1)オリジナルジャージ(8,000円)
2)オリジナル今治タオルセット(2,000円)
3)尾道帆布のサコッシュ(2.200円)
4)上島町特産品(ジュースとか)(1,500円)
5)受付さえOKなら参加が確約される(6,300円)

ジャージはもちろん上だけでパンツはなし。ただし参加賞ジャージってユニセックスが多いんですが、ここはレディス用の裁断がされたものをチョイス可能という親切ぶりは○。
この手のジャージが好きな人はなんというかプレミアムしか選択肢がないんじゃないかと思われますが、私の様な「もうジャージはいりません」的な人にはある意味ありがた迷惑。
あとサコッシュは好きな人もいるようですが、個人的にはまったく使い途がないショルダーバッグですなあ。
だってサコッシュって、すぐに中味を取りだして、そのあと捨てるものですからね。
言ってみれば単なる受け渡し用のレジ袋的存在。少なくとも長時間「運搬」するようには考えられていないので、まったく実用的じゃないんですよね。
そもそもマチがなくて収納性がそもそもビミョー。
なんというかああいうのは「オレってロードレーサーに乗ってます」的なアピールアイテムかな、と。
ええ、個人の意見です。(・∀・)

でもまあ、私のように斜に構えなければ、そして上記のプレゼント? が気に入るのであれば、実質的な「優先権」は6~7千円と言ったところですから、リーズナブルと言えなくもありませんね。
懐に余裕がある人はコチラでしょう。
なので本日20時には忘れずにJTBスポーツステーションにアクセスしましょう。
去年のパターンを考えると、プレミアムエントリー枠はたぶんあっと言う間に売り切れると思います。

私?
私は当然プレミアムエントリー……と言いたいところですが、私の持つ社内的にはチートともとれる年休取得能力をもってしても、前日の土曜日にはどうしても外せない仕事が巌のように立ちはだかっていて、今回はなくなくDNSです(いや、DNEか)。
大阪から今治って、けっこうな遠征になりますし、そもそも受付は前日。現実的には前泊できない=参加はムリってことになりますので。

去年のプレイベントでは地方局のテレビやメディアの取材を何本も受けたので、こりゃ今年は全国ネットのメディア取材が目白押しか? なんてうんざりしていたんですが、まあ、取り越し苦労になりましたな、わっはっは。(・∀・)

というか、プレミアムエントリー組は決戦ですな、ガンバレ。
抽選に賭ける組は5/9から受付開始ですが、こっちは抽選なので焦らなくてOKです。
むしろ宿の確保が出来てからエントリーした方が良さげですね(外れたらキャンセルすればよし)。

というわけで、しまなみ海道では再来年に会いましょう。(・∀・)